FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の墓場


昔住んでいた町に行くのは苦手だ。
余計なことばかり思い出してしまうから。
忘れてしまいたい出来事が、景色のあちこちにちりばめられていて、
うっかりよそ見をしようものなら、待ってましたとばかりに記憶のドアをあけ放ちに来る。
だからなるべく何も見ず、考えず、無心で歩く。
それでも時々ふっと目に入る宝石のようなきらめきに、一瞬心を奪われる。

そっか、嫌なことばかりじゃなかったな。こんないいこともあった。

だけど次の瞬間、ステキな思い出の後ろから、にんまりと顔を出す別の影。
私は立ち止まり、空を見上げて大きくため息をつく。
目を閉じて3秒。
それからまた、進行方向のただ一点だけを見つめて、心を真っ白にして歩く。

どうして記憶なんてものがあるんだろう。何の役にも立たない。
むしろ足かせになってしまうだけの、暗く重たい物語たち。
心の中に何十冊もうず高く積み上げられたそれらの、
なんと巨大で古びて汚れて異臭のして、全くもって邪魔なことか。

「すべて焼き捨ててしまえればいいのに」

またしても見上げた空は、抜けるように青くて、私は絶望的な気分になる。
さっさと用事を済ませて電車に飛び乗った。
体は疲れて喉も乾いていたけど、どこかでお茶でも、なんて気には到底なれなかった。
電車が一駅、また一駅と進んでいくにつれて、私の体は少しずつ軽くなる。
深い海の底からやっと戻ってこられたような気持ちになる。

空はまだ青い。
あの青年のことを思い出した。
この空のように青いTシャツで、真っ白な歯をのぞかせてニッと笑う、
私を世界一壊れやすいもののように扱ってくれた、
あの青年のこと。


スポンサーサイト

私の終わり


人間はいつでも「いかに生きるか」ということを考えている。
あれが欲しい、ここに行きたい、もっと幸せになりたい。
欲望は尽きることがなく、満足という言葉を知らない人間が巷には溢れている。
あまりにも夢を追い求めすぎて、
最近では「いかに死ぬか」という言葉まで語られ始めているらしい。

 いかに死ぬか。

じぶんの死については何年も前に考えたことがあって、
ぼんやりとではあるが、私は自分の死の瞬間の風景を描くことができる。
この先、今までの倍以上は生きる予定であるので、
近い将来のことではないが、かといって途方もなく先のことでもないだろう。

私が死ぬ時。
そこには平和で静寂に満ちた光景が広がっている。
とても大切な光景なので、おおっぴらに公開する気はないけれど、少しだけお話すると。

ある日の夕暮れ時、この上ない幸せの中で、私は安らかに息を引き取ると思う。
その傍らには、年を取って皺くちゃになった大切なひとと、大切なものと、大切な思い出があるだろう。
共に生きてきた伴侶の冷たくなっていく屍を胸に抱え、
そのぬくもりが消えていくのと同じ速度で、私の体は感覚を失い、
やがて魂は遠く遠く上っていくだろう。

いつの頃からか、そんな映像が私の中に生まれ、
それは日を追ってリアルなものとして、何度も脳内に刷り込まれている。
妄想と言われればそれまでだ。
だけど私は、これは予知だと思っている。
こんなに鮮明に、空気の匂いや光の具合まで感じられるのだから、
絶対にこれが、自分がこの世で最後に見る風景に違いないと確信している。


告白


お決まりのプロセスではあるけれど、
出会ってから今までのことを思い返してみました。

私たちが初めて会ったあの日から全てが始まった、と
あなたは言ったけれど、
本当はもっとずっと前から、
私の中でそれは芽吹いていました。

初めてあなたを見つけたときから、
私はどうしようもなくあなたに惹かれていました。
顔も知らない、会ったこともないあなたのことが、
ずっと気になっていました。

それは断じて恋ではなかったけれど、
いつかは会えるなんて予感も全くなかったけれど、
ずっと気になっていて、
時々は心の支えにして、
あなたの紡ぐ言葉を何度も反芻していました。
私の頭の片隅にある小部屋で、
あなたはいつも、
静かに座ってくつろいでいました。

あなたを見つけて、
つかまえなきゃと思って、
無我夢中でした。
せっかく繋いだ細い細い糸を、
切れないように守っていくのに必死でした。
いつか会えるその日まで、
少しでも近づいていけるように、
力を入れすぎないように、
そっと、そっと、手繰り寄せて、
ようやくたどり着いたあの日でした。

白馬に乗った王子様を待っていた私の期待を、
あなたはあっさりと裏切ったけれど、
思いもかけない方向から
私をふんわりと包み込んでくれました。
それは、どんな国の王子様より、
もっとずっと強くて優しくて豊かなものでした。

あの日から二人で、
ひとつひとつ丁寧に積み上げてきた年月でした。
だけど、本当はあの日、
全てが決まっていたようにも思います。

あなたを見つけて、あなたをつかまえて、
決して離さなかった自分に、
心から、よくやった、と言いたい今日の私です。

いつでも変わらずそばにいてくれるあなたに、
心から、愛しています、と言いたい今日の私です。


ある恋の物語


ずっと夢見ていた、その瞬間のこと。
素敵な景色の見える場所で、
おいしい料理を食べたあとで、
幸せに包まれて。
綺麗に着飾って、
かわいらしく笑って、
その言葉をもらうんだと。

だけど現実はあまりにも残酷。
ファストフードを食べたあと、
いつもの部屋で、テキトーな服で、
涙と鼻水でぐちゃぐちゃの顔で、
全てに絶望しきって、
私は、もうどうでもいいと叫んでいた。

いつもそう。
いっつもそうなんだよ。
ここってときに、期待はいつも裏切られる。

なのに、その後ふいに訪れる、大きな愛はなんだ。
こんなにも広くて深くて、こんなにも強かったのか。

私のちっぽけなこだわりも夢も
木っ端微塵に吹っ飛ばして、
申し訳なさそうに、ごめんと言いながら私を包むそれの、
なんと宇宙的なスケールだろう。
かなわない、と思い知る。

いつもそう。
いっつもそうなんだよ。
予想もしなかった形で、
幸福は私の元にやってくる。
とても両手に抱えきれないほどの、
超特大のやつが。


夕暮れの真理


夕暮れ時

一人で部屋にいたら

悲しいような 切ないような なんだか苦しい気持ちになった


それが不快な気がして 何かで紛らわそうとして

ふと気づいた


これってもしかして【幸せ】なんじゃないだろうか


なんかよくわかんないけど

この苦しいのも

大切な何かなんじゃないだろうか

今までずっと毛嫌いして避けてきたけれど

本当は


細い細い隙間から

世界の向こう側が ちらりと見えたような気がした


なぜ人は 夕暮れ時の空を見ると切なくなるんだろう


徐々に暗くなっていく部屋

黄色くなっていく陽の光

静けさの漂い始める魔法の時間


過去にタイムスリップしたような

幼い日の自分がひょっこり顔を出しそうな

記憶の中にしかいなかった者たちが

次々に姿を現すような

だれもいなくてひとりぼっちのような


夜の暗闇よりももっともっと

静かで孤独なような


過去と未来が 生と死とが交錯する

私がわたしに還っていく


だれもいない

そこにはだれもいない

空っぽのステージに当たるスポットライト

舞台は整った

だけど主役はいない

そこにはだれも いない

ただ無が座っているだけ

プロフィール

リキタケカズヨ

Author:リキタケカズヨ
声と言葉で世界を変えていく、
子どもであり、大人であり、アーティストであるところの人。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。