スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の問題は何処に。


人の気持ちなんてわっかんねえよ、って、自分も人もよく言うけれど。

本当にわからないもんだなぁ・・・としみじみ思いました。

何か大変な状況にある人、重いものを背負ってる人、
・・・という風に、私の目からは見える人。

その人が、本当はどれくらい大変で、どれくらいの辛さを感じていて、
どれくらい平気でケロッとしているのか、
もう全然わからない。

それは当たり前のことで、とっくに承知していたことだと思っていたけれど。

どうせわからないからってハナから諦めて、
気持ちに寄り添うことすら放棄してたな、ってことに気が付いた。

それは、なんか違うな、と思った。

「何が起こっても大丈夫。目の前の人の中に問題はない。」
その理屈のウワズミだけを、言葉だけを、さらっと飲み込んで、理解した気になって、そこで終わってたな。

大丈夫だよ、その人は大丈夫。
だけど、私の心はそれでいいの?

本当はしてあげたいことがあるんじゃないの?
同情だとか投影だとか、つまんない理屈で覆い隠してきたけど、
本当はずっと、気になってたんじゃないの?

その人は大丈夫だよ。そのままで大丈夫だよ。
だけど、私の心はそれで大丈夫なの?

生まれてきた思いを、なかったことにしていいの?
表現したい思いを、胸の奥に閉じ込めちゃっていいの?
それで全部わかったふりして、
大丈夫、何も問題なんてないから、って、それでいいの?


大問題だろ!!


・・・と思った昼下がり。
私は誰に気を遣って、何に怯えていたのだろうか。
偽善者だと思われるのがイヤで、
自分の闇を投影してるぜとか見下されるのがイヤで、
悟ってないと見抜かれるのがイヤで(もはや謎の思考・・・)、
なんつーか、シンプルに人に親切にする、ということに対して、
すっごい抵抗や遠慮があったのだなぁ。

アーティスト、つまり表現する者として由々しき事態だと思ったので、
ブログに書いてみたー。

素直に全部出してるつもりが、こういう無意識のブレーキが多くて困っちゃう感じですわ。
やれやれ。

でもなんかちょっと、自分かわいいなと思ったよ(笑)。
スポンサーサイト

ライブの準備と、怖くてもやってみてよかったこと。


ライブの準備をしております。

こちらのね。

今回は即興演奏や演技に合わせて歌ったり、初めての形で朗読をしたりと、
自分的に新しい試みが盛りだくさんなので、
そちらに重点的にエネルギーを傾けていたのですが、
今日やっと、先日のリハの録音データの中から、自分のオリジナル曲を聴きました。

オリジナル曲を作ってもらったのは昨年の秋。
作曲して下さった安達さんは今回もピアノ伴奏としてライブをサポートして下さるので、
つい安心して、この曲については後回しになってしまっていたのです。

改めて聴いていると、チェックやダメ出し以前に、
当時のことがいろいろと思い出されて、ひとりでじーんとしてしまいました(笑)。

この曲を作った頃、いろんなことがありました。

とある音楽イベントに参加したくて意気込んでエントリーして、だけど見事に落選して、
失意のどん底に落ちた。
そんな私に声をかけてくれた神様みたいな人のおかげで、
あれよあれよとライブをすることが決まって、
今まで出したことのないような本気を出して練習して、
それでも大してうまくはならなかったんだけど。。
ライブ本番は、奇跡みたいな、夢みたいな時間で、
ステージに立つことが嬉しくて嬉しくてしょうがなかった。

けっこう、けっこう悔しい思いをして、それでもあきらめきれないものがあって、
自分の立ち位置をどうしていいかわからず葛藤してたこととか、
何故かいつも自分を支えて助けてくれる強力な存在に、
感謝と幸せと、なんで??っていう気持ちとが織り交ざっていたこととか、
なんかいろいろあったけど、乗り越えてきたんだなぁーと。
不思議な流れに乗って、随分と幸せな結末を迎えることができたんだよなぁーと、
本当にミラクルだったあの数か月間を思い出してしまったのです。

人生ってば本当に、何が山で何が谷なのか、全てが終わってみるまでわかんないもんだなぁ・・・。

あのイベントにエントリーしたこと、そして落選したことから、
私のミラクルが始まりました。
勇気を出してエントリーしてよかったと、心から思う。
てか、あそこで何もしてなかったら、何も始まらなかったもんな・・・(汗)。

エントリーした人の中で、多分私が一番歌が下手で、
ステージに立つのに必要な素養やなんかもなかったと思う。
でも、それがわかってもなお、やってみようと思えたこと。
落選した後も、イベントにスタッフとして関わり続けてやろうと思えたこと。

心の底から、あの時の自分を褒めてやりたい。ていうか、褒める!!
自分、本当に本当によくやったぞ!!!

今年は昨年より早めのスケジュールで、今日がそのイベントのエントリー会だったらしい。
私は今回はエントリーしないけれど、
もし昨年の私みたいな人がいたら、勇気を出して行動してみた人がいたら、いいなと思う。

歌う理由なんてなくったっていいじゃない。
ただそうしたいから、でいいじゃない。

あの時、半ばケンカ腰に、やさぐれ気味に、だけど正直に自分の気持ちを吐き出した私のように、
素直なステージへの想いを語ってくれていたらいいなと思う。

きっと、そこから何かが始まるから。

単なるオブザーバーでいるのと、実際に動いてみるのとでは、
天と地どころじゃない差があるから。

私はイヤだった。
ずっと、ステージに立つ人に憧れて、いつかは自分も・・・なんて思いながら、
何年もくすぶっているのは、絶対にイヤだった。

今、湧き上がってきた思いは、今、吐き出さなきゃ。
来年も再来年も、同じような気持ちでいられるかなんてわからないから。
ちゃんと今、この瞬間に、出し切ってあげなきゃ。

それが、自分を大切にするっていうことだと思うから。


・・・と、なんだか熱い思いを湧き上がるままに書き綴ってみたが。

今回のライブは、準備段階から本当に楽しくて、
当日も楽しむことしか考えてません。

前回の時は、もう少し技術的なことも考えていたし、
一人でひとつのステージを作る構成だったから、
コンセプト的なものも何度も確認したし、イメトレも数えきれないほどした。

でも今回のテーマは「おもちゃ箱」。
文字通り、出たとこ勝負が売りなライブ構成なのです。
だからもう、いかにテンションを上げるか、はっちゃけられる体を作っておくか、それだけね(笑)。

何が出てくるかわからない、楽しくてアットホームなライブになりますので、
ぜひぜひ皆様、お越しくださいね。

初対面の方でも大歓迎ですので、
Facebookページから参加ボタンを押すか、
あるいはブログのコメント欄やらメッセージから、なんでもいいですので、
ご一報いただけるとありがたいです。
もちろん当日まで予定がわからない方は、ドタ参加も大歓迎ですよ~。

詳細は以下のリンクからどうぞ☆

3/25 Toy Box ~大切なガラクタ~


翻訳をしています。

今度のライブの準備の一環で、英語の歌の和訳をしています。
これがまた、超たのしくって!!!

実は私、かつて翻訳家を目指してかなり真剣に勉強していた時期があるのですが、
今回久しぶりに和訳をしてみたら、まんまと翻訳熱が再燃しました。
ええ、ごうごうと燃えたぎっております!!

あまりに楽しくなってしまったので、
当時利用していた有料の翻訳者サイトに再入会までする始末ですよ!
で、さっそくサイト内の今月の課題に嬉々として取り組んでいるところですよ!

あー、読解力がかなり落ちてるなぁ。これは本格的に文法から勉強しなおそうかなぁ。
昔使ってたあの教材、新しいバージョン出てるかなぁ。
試しにTOEICでも受けてみようか、今やったらどのくらいのスコア取れるのかなぁ。
・・・と、夢は膨らむ一方なのでありますよ!

え?ライブの準備はどうしたって?
まあまあまあ・・・。

自分でもびっくりしたのですが、私、翻訳が相当に好きなようです。
多分外国語なら何でも楽しめるんだと思いますけどね、おもしろいんですよ。
でも今更ゼロから始めるのもきついんで、やはり英語が手っ取り早いな。

翻訳の勉強をやめたのは、仕事にうまく結びつかなかったからです。
私がしたかったのは実務ではなく小説やノンフィクションなどの出版翻訳で、
それはそれは狭き門だったのです。
完全なるフリーランスだしね。

そのために、まずは翻訳会社で実務翻訳の経験を積んで・・・と思ったけど、
軒並み面接に落ちてしまい(これはこれで狭き門なのか?)、
そもそも実務翻訳に興味がないため、モチベーションも上がらず、
せめて英語を使った仕事がしたい、と思っていたら、
何故か超専門職な某事務所に微妙な条件で採用され、
その後も唐突に渡豪したり丸の内OLになったりとファンキーな紆余曲折を経て、
家事をしない専業主婦という今のポジションに落ち着いたわけです。
私の履歴書は、もはやわけわからん感じなので、
面接の時はいつも、担当の方が首をかしげて経緯を尋ねてきたもんですわ。
はっはっは。

話を戻しますが。
今回の訳詞にあたり、参考にしようと、ネット上で他の人の訳を調べてみたのですよ。

したらば!!
なんとまあ誤訳の多いこと!!!

言葉の選び方や表現以前に、訳が間違っとる!!文法が全くわかってない!!
ギョーカイ素人の私でもわかるレベルの誤訳が山盛りなのです。

そういうのが、すました顔でしれーっと、質問サイトへの回答として書かれている。
質問者からはそれに対して感謝のコメントが・・・。

・・・あの、これ完全なる誤訳ですよ?ベストアンサーつけてる場合じゃないすよ?

そこで私はぞっとしました。
話が翻訳なら、私にも大体のレベルや正確さがわかる。
でもこれが全く知識のないジャンルの話だったら・・・

今までわからないことはなんでもググってきましたが、
あの検索結果に出てきた記事だって、どこまで正しいかわかったもんじゃないということか・・・
恐るべしネット社会。
完全なる間違いが堂々と胸を張って語られる世界。

ネットで調べ物をする時は、せめて出典元をきちんと確認して、
決して鵜呑みにしないようにしようと肝に銘じたのでありました。

えーと、何の話だっけ??
そうだ、そんな私が情熱を込めて訳した詞をですね、ライブではお披露目しますので、
みなさまぜひぜひ遊びに来て下さいませ!と、
そういうことが言いたかったのでした。

**TOY BOX** 3/25 Sat.13:30 start

締めの挨拶&来年の告知


気付けば1か月以上もこちらのブログを放置してました・・・。
子育てブログの方はマメに書いてたんですけどもね。
このタイミングなので、なんとなく今年一年の〆っぽいことを書いてみようか。やめようか。
いや、ここまで書いてやめるのはひどいので書きましょうね。

11月のライブで、それまで溜め込んでいた歌への情熱を一気に吐き出した感があって、
その後はぼんやりと日常を過ごしていました。
カラオケにすら行く気がしなくなって、本を読んだり文章を書いたりしてた。
出かける気もあまり起こらなくて、地味~な日々であった(笑)。

しばらくして、ふつふつとまた情熱が沸いてきました。
歌ではなくて、朗読。
読む方です。

なので、2月に朗読会をすることにしました。

2月5日(日)13時半から、東京は恵比寿のいい感じの小部屋でやります。
なんか唐突に告知してしまったけれども(笑)。

詳細は年明けに改めてお知らせしますので、
とりあえずこの日は予定を空けておくように、皆の衆。

とても大好きな物語があって、ただ、それがけっこう長くて、
この間試しに時間を測りながら読んでみたら、20分以上あった。
でも読みたいので、読む。
めちゃくちゃ好きな話なので。
そして、あんまり知ってる人いないとも思うので。

他にも短めのものを一つ二つ読んで、
残りの時間はみんなでお茶を飲んでまったりしよう。そうしよう。

あとね、たぶん3月末くらいにまたライブをします。
友人とのコラボです。
今ハコを探してるとこなので、決まったらブログで告知しますね。
新曲発表ができるといいなぁって思ってるけど、未だアイデアは降りて来ず。

それから、また別の知人ともライブをやりたくて、こちらはまだ完全に白紙なのだけど、
このペースだと5月くらいになるのかな。

いっしょにやろうと言ってくれる方々は、
なぜかこぞって経験豊富で技術も魅力も溢れんばかりのレベルの高い方ばかりで、
そそそそんな方がなぜ私にオファーを?!と毎度びびりまくるのですが、
なんかそういう役割なのかもしれない、私。

そういうわけわからんミラクルを起こしまくる人間がいた方が、
世の中愉快になっていいんじゃないかと思う。

ほら、今超人気の星占い書いてる方だってさ、ホロスコープ読めないんだよ。
それでなんで星座占いできるんだよ(笑)!ってさ、すげーじゃんか。
既存の常識とか思い込みとかを粉々に蹴散らしてるじゃんか。
しかもそれが妙に当たるってか、とにかくいいんだから、
もう世の中なんでもありなんですよ。

だから私も、常識をぶっ壊すようなミラクルな展開でもって、
今後もアーティスト人生を謳歌していきたいと思っております。

お、なんか締めっぽいブログになってきたぞ。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。
来年またお会いしましょう。

愛と感謝をぱんぱんに詰め込みまくって。


リキタケカズヨ

ライブを終えて -神様からのプレゼント-

昨日はライブだった。
本当に楽しくて、楽しくて、もうずっと歌い続けていたいくらい楽しかったのだけど、
実は本番2日前に思いっきり風邪を引いた私の喉には、あの曲数が限界で、
ホントは自らアンコールを催促してやろうかとまで思っていたけど、
とてもそんな状態ではなかった・・・。
でもなんとか最後まで持ってよかった。

風邪を引いてから当日までにもいろんな気持ちがやってきて、
なんだか悟りの境地に至ってしまったような状態にもなって、
これ全部、ライブが終わったらブログに書くぞ~と思っていたけれど、
今現在のところ、すっかりその状態を忘れてしまっており、
さらにはそれらについて書きたい気持ちも消えてしまった。

やはり、ライブで完全燃焼したということなのか。
終わったことはいい!とにかく楽しかった、おしまい!って感じになっている。

あ、一応次回以降の具体的な改善点はあったので、
それだけは昨夜のうちにノートに箇条書きに記録しておいた。
事務的なことや当日の流れも含め、もっとちゃんとせないかんなと思ったので。
ええ、真面目ですよ。

私の歌を聴いてくれた人によく言われることだが、
私はいつも本当に楽しそうに歌っているようで。
今回のライブ後にも、
「すっっごい気持ちよさそうだった」とか、
「あんなに楽しそうに歌う人を久しぶりに見た」とか、
「リキタケのあんなにいきいきした顔を初めて見た」とか、
そんな感想を多数いただいた。
ていうか、感想のほとんどはそんなのだった。

歌うときの私がミラクルなまでに魅力的なオーラを放っているのか、
あるいは普段の私がヤバいくらいに死んだ魚の目をしているのか、
ともかくギャップがすごいらしい。

確かに歌っている時、尋常じゃなく幸せだし、
なにか自分でないものが乗り移っているような、別人格になっているような感じはある。

それまでどれほど自分の下手さ具合に凹んでいようとも、
録音を聴いても鏡を見ても、ダメな部分しか目に入らずとも、
いざステージに立つと・・・というより歌い出すと、かな。
全てのことはどうでもよくなって、
頭の中は空っぽになり、そこには一面のお花畑が現れる、みたいな、
なんかそういう境地にぶっ飛ぶのである。

そこに技術的な魅力が加われば、さぞかしすごいことになるだろうと思うのだが、
いかんせんこちらについては、一朝一夕にはどうにもならず、
日々修行を重ねるのみなのである。
でも初めてのライブに比べたら、これでもだいぶうまくなったんすよ、奥さん。
いや、奥さんは私ですがね。

今回のライブを通して強く感じたのは、
これは神様から私へのプレゼントなのだな、ということだった。
歌うことが大好きな私への、最高のプレゼント。

で、そう思うと、今まで自分の人生に起こったことはすべて、
プレゼントだったよな、とも思った。

例えば今回、本番直前に風邪を引いたことだって。

本番2日前の朝、起きたら喉が尋常じゃなく痛いことに気付いた時、
一瞬にして絶望のドン底みたいな気分になった。
けれど、ショックが薄れてくるとだんだん、
なんで自分は落ち込んでいるんだろう?と不思議に思ったのだ。

だってこのライブはプレゼントだ。
神様が、わざと私を苦しませるようなことをするはずはない。

だとしたら、私はこの状況に対してへこんでる場合じゃないんじゃね?
当日は絶対に大丈夫だし、
むしろこのタイミングで風邪引くってことに、なんか別の意味があるんじゃね?

そう思うと、なんだかこれからの展開が楽しみになってしまって、
ワクワクしながら布団の中で二日間、ほとんど声を出さずに過ごした。
そしたら本当に、いろんなことに気付いた。
なんで風邪引いたのかはやっぱりわかんなかったけど、
そんなのどうでもいいくらい、この世界への絶対的な信頼感がやってきた。
こういうのを「至福」というのかもしれない。
これまたプレゼントだったわけだ。

私は別にクリスチャンとかじゃないけど、
なんとなく神様っていると思っていて、
そして神様は絶対的に私のことを愛していて、
だから私を苦しめるようなことは絶対にしないとも思っている。
そうすると、いわゆる「目に映るすべてのことはメッセージ」的な世界が現れて、
何が起きても大概のんびりと向き合ったりやりすごしたりできるようになる。

我ながら、ずいぶんと大人になったもんだと思う(笑)。

今回のライブは、ライブをやることが決まった時から本番が終わるまで、
ずっとずっと幸せな時間だった。
毎日が奇跡の連続に思えて、
淡々とした普通の日常ですら、幸せすぎて泣きそうになるくらいに。

そのクライマックスが、ステージ上での時間なのだから、
本当にうれしかった。
間違いなく今、世界で一番幸せなのは自分だな、と思った。
まぁ私は割といつもそう思っているおめでたい人間なのだけど。



会場で同じ時間を過ごして下さった皆様、本当にありがとうございました。
そして、応援してくれた皆様、
助けて下さった皆様、
なんとなく気にしていてくれた皆様にも感謝を。

これからもずっとライブやります。
新曲もどんどん作りたいと思ってます。
あなたに聴いてもらえることが、私と、私から産まれる曲たちにとっての喜びです。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

リキタケカズヨ


追伸:ライブでは、娘とのちょっとしたハプニングもあったのですが、こちらは後日、子育てブログの方で書きまっす。
    何が起こるかわからないのがライブ、って、本当ですなぁ。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。