スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたうたいたい

もう1ヶ月近くの間、カラオケに行きたいと思いつつ叶わずにいた。
今の我が家は東京とは名ばかりの郊外色満載な場所にあり(いろんな人に失礼)、
周囲にはカラオケの類がほぼない。
少し離れたところにぽつんと1軒あるのみなのだが、
そこはあろうことかフリータイム制を導入しており、
当然ながら学生たちの溜り場となって、常に満室状態。
この町は、大人なヒトカラ族にとっての超激戦区なのである。

先日、もう本当に辛抱ならぬ!という感じで、
朝一番、気合を入れて開店直後のその店に出かけた。
着いてみると、受付前にはすでに若者たちの行列ができており、
私はあと何部屋空いているのかと子羊のように震えながら順番を待った。
前も後ろも学割ユーザの中、一人ぽつねんと列に並ぶ三十路も半ばを過ぎた女。
果たして若人たちにはどんな風に見えているのか。
いや、彼らは私のことなど塵ほども気にしていないことは明白であるが。

幸い私の順番まで部屋は残っていたので、
ほっと胸をなでおろし、部屋に入った。

久しぶりのマイクの感触。
う、うれしい・・・!!

1時間ほど夢中で歌いまくった私は、
心軽く、肌つやもアップして、5歳ほど若返ってカラオケ店を後にしたのであった。


人はなぜ、歌うのだろう。

唐突に哲学的な問いかけをしてしまったが、
近ごろこれが本当に不思議なのである。

声を出すこと、リズムに乗せてメロディーを奏でることが、
なぜこれほどまでに喜びと快感を産むのか。

思えば私は昔から、歌うことが好きだった。
ほとんど音楽なんて聴かない子どもだったのに、
家ではいつも、知っている歌を、何度も何度も繰り返し歌っていた。

歌うことが、本当に楽しかった。

大人になるにつれて、いらん浅知恵やらプライドやらが邪魔をして、
歌えなくなった時期もあったけれど、
ひとりカラオケという日本の持つ素晴らしき文化により、再び歌は私の日常となった。

ただ声を出すのではダメなのだ。
歌でないとダメなのだ。
そして、心の底から歌えば、
それだけで全てが吹っ飛んで、
どこまでも自由になれるのだ。

・・・こういうことを書いてると、
自分は天性の歌姫なのではないかという気すらしてくる。
(念のため書いておくが、私は歌に関してはずぶずぶのド素人である。
 これからうまくなるべく、トレーニングに励んでいるのである。)

私の友人に、毎日走ることを始めたら人生が劇的に変わり始めた、という人がいるが、
(そしてそれに釣られて走り出している輩も何人もいて、かくいう私自身もそうなのだが)、
歌にも同様の効果があるような気がしている。

とにかく体を使った何かをすること、
それも、今までしたことのなかった何かをすることで、
人生は劇的に変わっていくのではないか。
だから、人生を変えたい人は、今までと違う体の動きをすればよいと思う。
走ることでも、歌でも踊りでも、なんならラジオ体操とかでも。
なんかこう、自分の体と脳の今まで使ったことのない部分を使うもの。

そう思うと、子どもの頃に体を動かす経験をたくさん積んでおくことは、
実に有意義なことであると思う。
好きでも嫌いでも、とにかくそのことに必要な回路を開通させておけば、
年月が経った後も比較的簡単に、何かしらの才能を取り出せるのではなかろうか。

どんどん論点がずれてきたが、
要は、カラオケ超楽しかったから、またいこっ☆というハナシである。


コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。