スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日の絵から考察する幼稚園の世界

スーパーに買い物に行くと、
近所の幼稚園に通う子どもたちが描いた絵が展示されていた。
父の日シーズンだったので、父親の似顔絵を描かされたらしい。

うちの娘も数年後にはこんな絵を描くんだろうかねと思いながら見ていたら、
妙なことに気付いた。

そこにはクレヨンで描かれた数十枚の絵が並んでいたのだが、
その全てが、黒と肌色(今はうすだいだい色というらしい)と赤の三色だけで描かれていたのだ。
髪の毛と眉毛と目は黒、顔はうすだいだい色で塗りつぶし、口は赤。
全てがそのような配色になっていた。

さらによく見ると、
全ての絵において、顔だけが描かれていた。
バストアップとか全身とか、他の誰かが一緒に描かれているとか、全くない。
すべて同じ構図、というか、ただ紙いっぱいにでかでかと顔が描かれている。
しかも三色で。
まるで証明写真のような雰囲気である。

気持ち悪い、と思ってしまった。

何かしらの事情があるのかもしれない。
たまたま園に三色しかクレヨンがなかったとか、
あえて構図に制限を設けることで、各々の個性を伸ばそうとしたとか。

しかし、ずらりと並んだ三色の証明写真風な絵を見た感想はやっぱり、
気持ち悪い、だった。

全ての子どもは自分の父親の顔を知っていて、
似顔絵を描くことに抵抗がないくらいには好感を持っているとか、
父親とはすべからく黄色人種であり、カラーリングもしていないとか、
そういうこの絵を描くために必要な様々な条件を、
考えることすらなく、当然の事実のように思っている世界なのだろうか。

よしんばこの園の子どもたちが全員父親と一緒に暮らしていて、父親のことが大好きで、
且つ全員が黄色人種であるとしても、
その顔だけを描きたいと思う子もいれば、
体やいつも着ている服まで詳しく描きこみたい子や、
父親と一緒にどこかへ出かけている絵を描きたい子だっているんじゃないだろうか。

単純に「お父さんの絵を描いてみよう」と提案しただけならば、
絶対にこんな画一的な作品はできあがらないはずで、
そこになんだか息苦しさを感じてしまうのは、
私の心のトラウマか何かによる勝手な感傷なのかもしれないが、
やっぱり気持ち悪いのである。

教師たちはどんな風にして、子どもたちにこの絵を描かせたのだろう。

実はこの幼稚園は、娘の入園先の候補の一つだったのだが
(まだ2歳にもならないのでだいぶ気が早いのだが)
この絵を見て、やっぱりやめよう、と思ってしまった。

私にもなかなか教育熱心な一面があるようだ。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。