スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチメンタルな夜

ある夜、ダンナはいつものように娘を寝かしつけた後、ギターを担いでそっと家を出て行った。

・・・ライブの練習のために!!!ですよ!!!
家庭不和ではないですよぅ。

毎日仕事から帰って、いそいそと練習を始めるものの、
娘の相手をしながらでは今一つ集中できないし、
かといって娘が寝た後では近所迷惑だし娘も起きちゃうのでなおさら音なんて出せない。
よって、夜中のカラオケで一人じゃかじゃかと心置きなく練習してきたらしいのです。

じーん・・・・・。

その翌日、私は安達さん(プリン好きな方)との2回目のリハに挑みました。
スタジオに現れた氏は、連日のハードワークで明らかにお疲れのご様子でしたが、
リハが始まるとサッと表情を変えて、ものすごい集中力とセンスでもって演奏して下さいました。
しかも、よりよい演奏にするためにと、ご自身にかなり負担のかかるアイデアも出していただいて、
それ以上無理して体大丈夫ですか?倒れない?!って思いつつも、
お言葉に甘えて、やっていただくことになりました。
安達さんの体育会系のパワフルさは、この数カ月でじわじわわかってきたつもりでいますが、
相変わらず妥協のない姿勢に驚嘆と尊敬があふれて止まりませんでした。

それに引きかえ、下手くその極みである自分の歌に、
帰りの電車でリハの録音データを聴きながらダダ凹みするのも、もはや日課となりました・・・。
自分の下手さは今に始まったことじゃないのに。
でも、どうやっても思うようにできなくて、くやしい。

ふっと顔をあげて窓の外を見る。
同じ空の下、うちの娘と同じくらい小さくてかわいい女の子のお世話をしながら、
同じく本番に備えて準備している、
それでいて私とは比べ物にならないくらい上手い、真奈美さんのことを思う。

なんだか、全てのことがありがたくて、幸せで、涙が出る。
何がこんなに私を幸せにするんだろう。
驚くほどに心は満ち足りていて、見るものすべてがキラキラと愛おしく思える。
なんだろうこの感じは。

道を示して、支えてくれる人がいて、
絶望的にくやしくなる自分がいて、
どんなときもそばにいて支えてくれる家族がいて、
全てのことが幸せだと思う。

みんながこんなにも全力でサポートしてくれているのに、
それに応えたいのに、私、全然ダメだなぁ。

・・・ま、私に期待されているのは、そういう点ではないのだろうけどもね。
それをわかってても、やっぱりくやしくて、うまくなりたくて、
でも、今の自分は理想の自分には遥かに遠い。遠すぎる。
米粒ほどにしか見えないぜ。

自分が歌いたくて歌ってるだけだし、
聴いてる人の気持ちなんて考えたくもないし、なんつってやさぐれてた私は、
いつの間にか、
誰かを喜ばせたくて、必死にもがいてる。

なんだか青春だのう。

いろいろあったけど、いっぱい歌えて、楽しかったな。嬉しかったな。
そんな、本番6日前の夜。


☆11/6 リキタケカズヨ&浮揚真奈美ライブ『だいすきなものたち』

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。