FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の墓場


昔住んでいた町に行くのは苦手だ。
余計なことばかり思い出してしまうから。
忘れてしまいたい出来事が、景色のあちこちにちりばめられていて、
うっかりよそ見をしようものなら、待ってましたとばかりに記憶のドアをあけ放ちに来る。
だからなるべく何も見ず、考えず、無心で歩く。
それでも時々ふっと目に入る宝石のようなきらめきに、一瞬心を奪われる。

そっか、嫌なことばかりじゃなかったな。こんないいこともあった。

だけど次の瞬間、ステキな思い出の後ろから、にんまりと顔を出す別の影。
私は立ち止まり、空を見上げて大きくため息をつく。
目を閉じて3秒。
それからまた、進行方向のただ一点だけを見つめて、心を真っ白にして歩く。

どうして記憶なんてものがあるんだろう。何の役にも立たない。
むしろ足かせになってしまうだけの、暗く重たい物語たち。
心の中に何十冊もうず高く積み上げられたそれらの、
なんと巨大で古びて汚れて異臭のして、全くもって邪魔なことか。

「すべて焼き捨ててしまえればいいのに」

またしても見上げた空は、抜けるように青くて、私は絶望的な気分になる。
さっさと用事を済ませて電車に飛び乗った。
体は疲れて喉も乾いていたけど、どこかでお茶でも、なんて気には到底なれなかった。
電車が一駅、また一駅と進んでいくにつれて、私の体は少しずつ軽くなる。
深い海の底からやっと戻ってこられたような気持ちになる。

空はまだ青い。
あの青年のことを思い出した。
この空のように青いTシャツで、真っ白な歯をのぞかせてニッと笑う、
私を世界一壊れやすいもののように扱ってくれた、
あの青年のこと。


コメント

非公開コメント

プロフィール

リキタケカズヨ

Author:リキタケカズヨ
声と言葉で世界を変えていく、
子どもであり、大人であり、アーティストであるところの人。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。