スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝の怪

今年に入ってから、毎朝歩いている。

ウォーキングというほどのものでもない。
むしろ徘徊と言った方がいいかもしれない。
着古したTシャツにパーカーという、コンビニにでも行くような格好で、
雨の日を除き、毎朝小一時間ほど、そこいらを無作為に歩いている。

通っているフットケアサロンで勧められて始めたことだった。
何かを続けることが大の苦手の私が、
なぜかこれだけは続いている(といってもまだ4ヵ月そこそこだが)。
こんなことは人生で初めてで、我がことながら非常に驚いている。

続いている理由はわからない。
あまり目的もなくやっているのがいいのかもしれない。
初めは健康のため、歩き方を矯正するためだった。
しかし始めてみると、歩くことはあまりにも気持ちよく、
今はただただ無心で歩いている。
そうしないとなんだかバランスが悪いから、歩いている。

肩がこれば伸びをするように、楽しければ鼻歌を歌うように、
朝起きたらば、歩かずにはいられないのだ。
歩きたいという欲望を感じる間もなく、気付けばもう歩き出している。

もうひとつ、驚愕の事実がある。
この早朝徘徊のため、私は毎朝早起きをするのだが、
まったく目覚まし時計を使っていないのだ。

私が起きるのは、まだ主人も娘も寝ている時間。
主人の出勤前には家に戻らなければならないので、
その1時間ほど前に起きることにしていた。
が、近ごろは日の出が早くなってきたせいか、起床時間は日に日に早くなり、
今では主人が家を出る1時間半前には歩き始めている。
そうすると、自宅に戻ってからも少しは夫婦で話す時間があるし、
玄関で主人を見送るという愛妻プレイを楽しむこともできる。

目覚まし時計のアラームを使わない理由は簡単で、
私の隣で天使の顔をして眠っている娘を起こさないようにするためだ。
初めのうちは、夜中から何度も起きては時計を確認していたのが、
いつの間にかそれがなくなり、
今ではほぼ一発で、意図した時間に起きることができる。

あまりに普通にしていることなので、今までスルーしていたが、
先日ふと、
「・・・これってすごいことなんじゃね?」と気づいた。
うん、けっこうすごいことだと思う。よね?

以前の自分にはとても難しかったことが、なぜか今では至極簡単に意識すらせずにできている、
ということが、最近の私の人生には頻繁に起こる。
こわい。

さらに驚愕の事実がある。
5月に入って私は、あろうことか徘徊に加え、走ることまで始めたのだ。
週に3日ほど、15分程度の、
かろうじて「それ、ジョギングしてるんだよね?」と言ってもらえそうな程度のローペースではあるが、
なんだか走っちゃっているのである。

これはもう狂気の沙汰。
お前は一体何を目指しているのかと、本気で自分に問いたくなる。

この習慣、果たしていつまで続くのか、よもやエスカレートするなんてことはあるまいな。
自分のことが、本当によくわからなくなってきている今日この頃なのである。
こわい。



コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。